それぞれの美しい地図

アニマルヒーリングスクール

さあ、旅ははじまったぞ、みんな。
もう後戻りはできんぞ。笑

動物たちの自然療法学校 校長のブログより

先週末開催された英雄の旅。

旅の準備だけで3時間ほど使ってしまい
アーキタイプの説明は12のうち1.5しか進みませんでした。

が、

アニマルヒーリング0期の皆さんと新しいワークに取り組んでみたり
及川さんにも話してもらったり

スペシャルゲスト?生徒?の
熊谷先生にもコメントもらったり
フォローいれてもらったりと

打ち合わせ通りの(笑)濃い時間になったと思います。

生徒とか講師とか
そういった役割を降りて、
垣根を超えて

参加した一人一人が
それぞれの人生という異なる地図を広げて

自分がどんな道をどんな人間(アーキタイプ)として歩んできたのか
いまどこに立っているのか(現在地)
その先に待ち受けているモンスター(障害)はなんなのか?

なんてことを開示していくためには
そこには攻撃されたりジャッジされたりしない
安全な場所である必要があり

そういった場所が今回はできたように思います。

私たちは、義務教育で
正解と不正解があるとは教わったけど

その真ん中の正解でも不正解でないものは
教わっていません。

だから、大人になっても
正しいか、正しくないかだったり

周りとの違いを気にしてしまいます。

よくある自己啓発セミナーなんかは

同じゴールに向かって
同じ宣言をして
同じ行動をするけれど

私には、
みんなで同じことをすれば
人生が豊かになり、
道が切り開かれていくとは思えないのです。

すべての人が授かったギフトは違うし
生まれた時に握りしめた地図もまた違う。

だから
異なるゴールに向かって
異なる宣言をして
異なる行動をしていくことでしか

進むことはできません。

私の場合は
握りしめた地図は破れていて

はじめから足りない部分があって
それを拾い集めてテープではりつけて

ここ数年の間に
自分がいまどこにいるのかがわかるような地図に
ようやくなってきたのだと思う。

つぎはぎだらけで汚れてるけど
なかなか味のある地図は

結構お気に入りです(笑)

きっとこのブログを読んでいる方の地図も
色あせていたり、折り目だらけだったりして

いい感じに仕上がっているのではないでしょうか。

そんな一人一人異なる
だけどそれぞれ美しい地図をみんなで広げて

「おおー!いいねえ」とか
「この山はこうやって飛び越えれるんじゃない?」
「ここ書き足しちゃおうか笑」

なんて言いながら進んでいけたらなと思います。

自分の地図の美しさに気がつけた時
どんな人生も祝福に変わる。

それぞれの美しい地図をつなげれば

より広く遠いところまで
行き先を示した地図になり

一人ではたどり着けない場所に行くことができます。

次回は英雄の旅のアーキタイプ幼子と孤児をまとめていて
いまの社会に反映されているなあと思うことがあったので

このブログに書こうと思う。

ではでは、今日はこのへんで。



コメント

タイトルとURLをコピーしました