8月になっての近況とか

ハレとケの日々

谷中に引っ越しをしてから3ヶ月。
五反田に移転してから2ヶ月が経ちました。

7月は人生で一番忙しかったかな
と思うぐらい動いていたのだけど

めいいっぱい仕事をして
日暮里の駅を降りた時の
ほっとした感じが小さなご褒美になって

忙しさの中でも
心を亡くさずにいれたようです。

今回の引っ越しも移転も
人生の折り返し地点にあたり

生まれてはじめて、
ずっとここに住んでもいいかななんて思えたり。

まあ、15回も引越ししてきたら
もういい加減いいよね(笑)
っていうのもあるんだけど。

長引く梅雨の雨も

古びた商店街と
雨と灰色の空のグラデーションが
どういうわけか心地よく感じて楽しめたり。

良いところに来たなと思う。

五反田のサロンも
東京とは思えないくらい静かで

クライアントさんも
「落ち着きますね」と言ってくださって
心地の良い空間のようです。

治療をする場というのは
繰り返し繰り返し治療を行うことで

場自体が治療の役割を担うのだと思う。

今回自宅とサロンを分けたことで
私自身も施術がしやすくなりました。

余計なものがないと集中しかできないものですね。

引っ越しも
移転も
良い決断ができたなと思う。

人生は何度か大きな決断をすることもあるし
日常は小さなものから大きなものまで
選択の連続。

選択したものでも
その中に違和感を見つけたら
放って置かずに小さなうちに向き合うようにしています。

力を加えれば加えるほど
それは命を宿す。

小さな違和感でも毎日感じていると
それは思考や行動を妨げるぐらいの大きなストレスになったり

酷くなると呪いになる。

最近、ああ自分は呪いにかかっていたな
と気がつくことがあって

それは自分ひとりでは
どうやっても解けない呪いだったけど

不思議な出会いがあるもので
思いがけずに呪いが解けたようです。

まあ、これも自分でかけた呪いなんですけどね。

8月はもう少し余白を作ろうと思っていて
何日かお休みを取ることにしました。

1月の絵画合宿の特別講座にも
また参加することにして

アートの勉強も再スタート。

今回は闇の中から色彩を生むというテーマで
絵を描きにいきます。

見えないものを見出す力。
観察と創造。

この2つを鍛えていきたいなと思っての参加です。

久しぶりの個人ブログなので
何を書いていいのか決めずに書いてしまいました。

文章を書くのも積み重ねですね。
がんばって書きます!

ではでは、酷暑の中くれぐれも体調崩されませんように。








コメント

タイトルとURLをコピーしました